カーローンの審査と借入先

憧れのマイカーを手に入れたいものの、手元に資金がない。そんなときはカーローンを利用して手に入れることができます。そこで、まず、カーローンを組むわけですから、審査に通らなければなりません。ここで最も重要なのは、信用度です。その信用度を測る基準となるものは、年収です。返済能力がなければ借入れは断られてしまいます。その他に、年齢や勤務先、勤務年数等が加味されます。また、既に他社で借り入れがないか、公共料金などで延滞実績はないか、等もチェック対象になり、もし、その内容がひどいものであれば、融資は断られます。しかし、これらの基準をクリアできていれば、比較的借りやすいローンになっています。

次に問題になってくるのは、どこで借りるのがお得かということです。借り先を大きく3つに分けると、銀行、ディーラー、消費者金融となります。銀行は提出書類が多いのと審査に少し時間が掛かりはしますが、金利が圧倒的に低いのが魅力です。ディーラーの場合は、提携している信販会社からの借入れとなり、審査は少し厳しいですが、そのディーラーで購入するので、審査には通りやすいです。ただし、同じローンであっても、銀行ローンの場合は所有権は購入者にあるのに対し、ディーラーローンの場合は、ローンを完済するまでは所有権は信販会社にあります。

ですから、何らかの理由で止む無く車を手放さなければならなくなったときには、カーローンを完済してからでないと売却することができません。最後に消費者金融ですが、フリーローンなので使途は自由で、且つ融資は一番おりやすいです。しかし、金利は最も高くなっています。どのカーローンを利用するかはライフスタイルや返済計画と共に考える必要があります。