最短即日の収入証明書なしのキャッシング

今月まだ給料日まで日数残ってるんだよね…最短即日でなんとか。海外旅行に行くんだけど、現金を持ち歩くのも心配だし、 サービスで海外旅行保険やショッピング保険まで ついてくるっていうし、カードがあった方が便利かも。(

そういうわけでカードを作ろうと思い立つ人は多そうですよね。私の友人もそんな一人でした。社会人になってしばらく経つし、 カードをそろそろ持ってもいいでしょう!ということで カードを作ろうとしたのはいいのですが…、どうやってカードを作ればいいのか分からなかったのです。

カードといってもいろいろ種類があるし、 だいたい銀行で作るか金融機関で作るか信販で作るかで まず違ってくるものなので、どこで作るかを決めなければならないのですが、それ以前に、カードの作り方という基本から 友人は考えなければなりませんでした。それで私は、乏しい知識と、最近調べた知識をもとに、 カードをどうやって作るかをレクチャーしてあげたのでした。

カードを作るというのは、そのカードの審査に通るということです。審査というのは、その借入先(銀行や金融機関)から見て、 その消費者が信用できるか、ちゃんと借りたお金を 返してくれるかを見極めるためのステップです。ですから私たち消費者は、信用を得なければならないのです。

審査の時に提出する書類がそれなのですが、 一定額以上の借入限度額を超過しなければ身分証明書と健康保険証だけで 信用を得られると言われています。一定額とは、場合によって50万円だったり 100万円だったりするのですが、それ以下であれば収入を証明するための証明書は 提出しなくてもいい可能性があります。ですから極論、運転免許証と健康保険証という、 普段からお財布に入っているものがあれば ある程度のお金は借りられるということなのです。

収入証明書なしにひとしく、最短即日でつくれるし、キャッシングもできて便利ですよね。私も調べて始めて知りました。友人もそんなに借りる予定は無かったので、 パスポートと保険証だけで審査に通ったそうです♪

イチオシの即日発行クレジットカードについて

私は先月生まれて初めてクレジットカードの発行の手続きをして、カードを手にしました。即日発行のカードはイチオシですよ。すぐにカードを手に入れることができるので、救急を要するときにも大変いいと思います。

実はこのカードは会社の先輩が教えてくれたものだったんです。大至急カードを作らなくてはいけないという状況になったので、先輩に即日発行ができるカード会社を知らないかと尋ねてみたんです。すると、とあるカード会社を教えてくれたのですぐにその会社の公式ホームページにアクセスをしました。そうしたところ、インターネットを利用して申し込みをすることができるということが分かったので早速必要事項を入力しました。

その結果、1時間もしないうちにそのカード会社から連絡が来て審査の結果を知らされたんです。ドキドキしていたのですが、申し込みをしてから長時間待たされることもなかったのでとても助かりましたよ。

カードの受け取りもその日のうちにできたので、すべての作業は1日のうちに終わりとても良かったです。先輩イチオシのカード会社に申し込みをして大正解でした。年会費も無料であることから、1円の負担もなくクレジットカードを持つことができ満足しています。

カーローンの審査と借入先

憧れのマイカーを手に入れたいものの、手元に資金がない。そんなときはカーローンを利用して手に入れることができます。そこで、まず、カーローンを組むわけですから、審査に通らなければなりません。ここで最も重要なのは、信用度です。その信用度を測る基準となるものは、年収です。返済能力がなければ借入れは断られてしまいます。その他に、年齢や勤務先、勤務年数等が加味されます。また、既に他社で借り入れがないか、公共料金などで延滞実績はないか、等もチェック対象になり、もし、その内容がひどいものであれば、融資は断られます。しかし、これらの基準をクリアできていれば、比較的借りやすいローンになっています。

次に問題になってくるのは、どこで借りるのがお得かということです。借り先を大きく3つに分けると、銀行、ディーラー、消費者金融となります。銀行は提出書類が多いのと審査に少し時間が掛かりはしますが、金利が圧倒的に低いのが魅力です。ディーラーの場合は、提携している信販会社からの借入れとなり、審査は少し厳しいですが、そのディーラーで購入するので、審査には通りやすいです。ただし、同じローンであっても、銀行ローンの場合は所有権は購入者にあるのに対し、ディーラーローンの場合は、ローンを完済するまでは所有権は信販会社にあります。

ですから、何らかの理由で止む無く車を手放さなければならなくなったときには、カーローンを完済してからでないと売却することができません。最後に消費者金融ですが、フリーローンなので使途は自由で、且つ融資は一番おりやすいです。しかし、金利は最も高くなっています。どのカーローンを利用するかはライフスタイルや返済計画と共に考える必要があります。

使いやすいアコムのカードを検証してみた

お金が必要になるときは急にやってきます。インターネットで検索すると簡単に申し込めるというクレジット カードは多くても、実際には店頭に行かないとカードを発行してもらえないということがよくあります。そこで、三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム マスターカードの登場です。最短で即日発行をしてくれます。また、クレジットカードとしての機能はもちろんのこと、キャッシングもできますのでいざという 時に助かります。

アコムマスターカードの利点は日本だけでなく世界中のマスターカード加盟店で利用することができます。もちろんインターネットのショッピングサイト でも使えます。また「むじんくん」という自動契約機が近所にあれば、その場でカード発行も可能です。そして利用明細は郵送されてきません。同居人にも知ら れることなく、カード生活をすることができます。明細については店頭やATMで確認することができます。

もちろん郵送を希望することもできます。アコムマスターカードを利用できるのは年齢が20歳以上で、安定した収入があって返済が可能であれば問題ありません。担保も保証人も必要ありませんので、安心して申し込むことができます。利率はカードローンの場合、借入金額が100万円未満なら4.70パーセントから18.00パーセントです。

アコムのカード返済は定率リボルビング方式となり、毎月もしくは35日以内に支払いをしていきます。返済計画が 組みやすいので、初めて利用する人でも心配ありません。キャッシングというと、利用する場合はまず申し込みをする必要があります。申し込みは、現在では窓 口や自動契約機以外に電話やインターネット経由ですることが可能です。そのためすべての手続は、外出しなくても可能となっています。

外で手続きするのが不安な人であったり、お金を借りようとしているところを誰かに見られる心配もいりません。ちなみに電話で申し込みをするときはオ ペレーターを女性に選択できるところもあります。インターネット経由で手続きする場合は、パソコンやスマートフォンなどを利用して行えます。銀行、消費者 金融のホームページがあるので、ガイドやトップページなどにある情報をよく読み、手続きをしたほうが良いです。

ちなみにホームページには利率、審査の対象、返済方法などが記載されています。サービス内容を把握するためにもホームページを利用することが可能で す。返済シミュレーションをコンテンツとして用意しているキャッシング会社もあるので、毎月の返済額をシミュレーションしたり、返済額を指定して何ヶ月程 度で完済できるか事前に把握することができます。

また、申し込みの際に必要な書類についても、インターネット経由で把握することができます。必要な書類は銀行、消費者金融によって異なるケースもあ りますが、大抵は身分を証明できる書類が必要となります。パスポート、運転免許証、健康保険証などがあれば問題ありません。また、手続きの過程でメールア ドレスが必要なこともあります。

カードローンとクレジットカードの区別が付かず、放置したら大変なことになった

カードローンに申し込み、しばらく経ってクレジットカードに申し込みました。クレカのキャッシング枠で借り入れを行った際、「別の会社からお借り入 れがある」と告げられ、はっとしました。そういえば、支払いの督促状や、業者からの電話がかかってきた気がします。延滞金がかかりましたが、何とか返済で きました。

  • 【体験者の情報】
  • 性別:男
  • 職業:会社員
  • 年齢:32歳
  • 借入額:42万円
  • 借入先(業者):アコム

 

放置エブリディ

毎日届くダイレクトメールに、嫌気が差していました。ダイレクトメールが来ない日を祈っていても、2日経てばポストは広告の山。一体どこから情報が漏れているのでしょうか。

こんな毎日が嫌になり、家を出て旅行に出かけたこともあります。けれど、行く先々で人に出くわし、「日本に孤独になれるスポットはないのかー」と思いました。対人ストレスが溜まり、色々限界でした。

毎日だらだら生きていると、自分が海草になった気分です。海底でゆらゆら揺れていて、自分が何者でもない感じがしました。自分の心が体から離れて、何も考えられなくなります。

自堕落

最近、何を食べたのか覚えていません。企業戦士は昔の話、ブラック企業に努めて10年余り、そろそろ転職も考えるべきかもしれません。私に何のスキルがあるのでしょう。本当に、頭の中が真っ白です。

どうしてブラックに就職したのか、理由は明白です。「就職氷河期」にぶつかったからです。思えば、大学受験で失敗したことが運の尽きでした。浪人せ ず、現役でとある中堅私大に進学し、そのままダラダラ過ごしていました。気がついたら就職シーズン。慌てて活動し、どうにか内定をもらい、今の会社に就職 しました。

それからは、毎日上司の命令に従い、必死に這いつくばって努力して来ました。どうにか前に進みたい、ここで立ち止まったら追い抜かされる。そんな思いだけが、頭の中に去来していました。

クレジットカードを作る

自分が情けなくなり、自己啓発本を読んだり、犬を飼って散歩に連れて行ったこともあります。しかし、どれも長続きしませんでした。ペットは飼い主を選ぶものです。私は右手を飼い犬に噛まれて、そのことを痛感しました。

ある日、どうしても買いたいキッチングッズがあり、給料日まで時間が合ったため、クレジットカードを作ることに決めました。以前カードローンに申し込んで、数万円を借りた覚えがあります。クレカの審査に申し込んだときは、完済していたと思っていました。

しかし、現実は甘くありません。クレジットカード会社から電話がかかってきて、「他の会社から借り入れたお金を延滞しているため、審査に通らなかった」ことを告げられました。

まさかの!!?

カードローン会社に電話すると、怒られました。平謝りして、対応を伺いました。「今回は初回ですので、延滞金を付けて返済して下さい」と話され、財産の差し押さえは免れました。

延滞金は、年20%で計算されます。これは、100万円に一年間で20万円の利息がつくことを意味しています。こんなに高いのかと思いつつ、カードローン会社が指定した口座に、残金を全て振り込みました。

振り込み後、再度クレジットカードの申し込みを行い、今度は審査に通りました。お金があれば、審査は楽に通るようです。世の中はお金で回っているのだと、改めて痛感しました。

手紙はきちんと開封すべき

届いた手紙は、きちんと封を開け、中身を確認しましょう。仕事が忙しくても、日課は丁寧に行うべきです。今回は大目に見てもらいましたが、「財産の差し押さえ」も考えられました。借り入れや返済は計画的に行うべきだと思います。

できれば、重要なお知らせは、手紙だけでなくメールでもお知らせしてほしいです。私のライフスタイルは、パソコンをチェックする時間がほとんどです。緊急メールが届けば、すぐに対応できますし、そのほうが便利です。まだまだハイテク化が進んでいないなーと思います。

カードローン代金の支払いが滞っている方は、遠慮なさらず、すぐに業者に電話しましょう。裁判所に呼び出されてからでは遅いですよ。できるだけ早く行動して、迅速に返済しましょう。

消費者金融の店頭に来店できない方の即日融資

消費者金融の店頭窓口や自動契約機に仕事等で忙しく来店する時間がなくてもインターネットからキャッシングの申込をすれば、自分の銀行口座に融資金額を振り込みしてもらうことが可能です。また、早い時間に契約手続きが完了すれば即日融資もできます。申込の方法は、パソコンやケータイ、スマートファンのインターネットに繋がる機器から借りたい消費者金融会社のホームページへアクセスします。すると申込の案内が出ていますのでクリックして、申込へとすすみます。

申し込み前に事前の借入れ診断ができます。生年月日や年収、他社借入れ金額を入力するだけで簡単に借入れ可能かどうかを数秒で診断してくれます。ここで、融資可能と診断されても本審査で必ずしも融資が受けられるということではありません。インターネットからの申込では、申込にかかる自宅住所や勤務先等の情報を入力していきます。正確に入力します。入力が完了すると速ければ1時間以内に、消費者金融からメールまたは電話にて連絡がきます。

在籍確認や必要書類の提示の話をされます。本人確認書類は、FAXかメールにて送ることができます。契約手続きは、WEB上で契約内容の確認して完了なので来店せずにすみます。振込み依頼をすれば自分の口座に振り込まれますので即日融資が可能です。後日、自宅にキャッシングカードが届きますので、このカードを使って、借入れや返済ができます。コンビニのATMでもカードが使えます。

急遽海外旅行が決まった人にオススメアコム

プライベートな用事以外にも海外旅行に行くチャンスは今や日常のありとあらゆる場面で存在します。特に、グローバル化した現在では、仕事の予定で海外旅行に急遽行くことになるケースがあり、元々パスポートを持っていた人であってもそれに必要な現金は用意していないケースが多いのです。そこで、急遽海外旅行に行くことが決まった人にオススメの金融サービスがあります。

それはアコムのカードローンのサービスです。海外の現地通貨をキャッシングできるアコムならば、急な海外出張でも旅行でも、必要としている現金を現地のお金としていつでも調達することができますので、まさに海外向けの金融サービスになります。申込みはインターネットからできますので、既に予定が決まっている人は早速利用することをオススメします。

アコムのカードローンのサービスが海外旅行に向いている理由は、現地のお金でキャッシングができることに加えて、カード発行の早さもオススメできるポイントになります。というのも、アコムの無人機を利用しますと即日カード発行ができますので、まさに今日中にカードが欲しい人のニーズに柔軟に応えることができるのです。特に急遽海外に行くことが決定した人の場合、カードローンを利用したくても出発日までに融資を受けなければ意味がありませんが、即日カードを発行してもらうことでそのような悩みも簡単に解決することができるのです。

海外で利用ができることに加えて、審査スピードが早く、即日融資も可能な消費者金融会社はまさにこれから海外に行く人にとって理想の金融機関になります。ただこれから海外旅行にむけて、新しく持ちたいという方は、アコムマスターカードがいいかもしれません。

キャッシングの早わかり情報でおすすめはネットの活用です

キャッシングとはカードを利用してお金の融資を受けるサービスのことを言います。おすすめできる早わかり情報は、インターネットの口コミサイトや比較サイトです。サイトには、多くのキャッシングを提供している行者が紹介され、おすすめのサービスやキャンペーンも掲載されています。さらにキャッシングに関する基本情報からお得な活用術、注意する点などのハウツー情報がみやすくあるので、早わかりできます。

また、実際に利用した方の体験談も記載されているので参考にすることができます。もう一つおすすめできる情報があります。業者のホームページで、提供しているサービスが詳しく掲載されています。申し込みから返済完了までの一連の流れが紹介され、借入診断や返済シミュレーションといった機能もあります。ホームページから申し込みも行えるから利便性が高いです。

また、問い合わせ体制が整っており、電話やメールでわからないことや不安なことも気軽に問い合わせることが可能になっています。さらに近年では個人でも利用した口コミをブログなどで情報発信しているケースが増加しています。実体験からの口コミなので詳細な情報で、わかりやすいので参考にすることができ、オススメです。

個人向け金融の新時代到来?AIが融資の審査を行うということ

2017年09月25日のニュースのこと。個人向けローンの融資にAIを使った審査プロセスが導入されるとプレスリリースされた。みずほ銀行とソフトバンクが合弁で出資し新規事業会社を設立するというのだ。以下がニュース記事である。

 

個人ローン、AIで審査=みずほ銀とソフトバンク

みずほ銀行とソフトバンクが共同出資したローン会社「J.Score」(ジェイスコア)は25日、人工知能(AI)で融資審査を行う個人向けローンの取り扱いを始めたと発表した。インターネット上で利用者に年収や家族構成、学歴など最大170項目程度を質問し、信用力を点数化して金利水準を決める。
AIを個人ローン分野で本格活用するのは国内初とみられる。みずほ銀の口座の出入金記録や、ソフトバンクの携帯電話料金の支払い履歴も参照し、審査の精度を上げる。年内には申し込みから最短30分で融資が可能になる見込み。
融資手続きはスマートフォンやパソコンで完結。店舗を持たないためコストを抑えられ、金利は年0.9~12.0%と一般的な消費者金融や銀行カードローンより低くなっている。貸金業法の規制対象に入るため、融資限度額は年収の3分の1となる。

出典: https://www.jiji.com/jc/article?k=2017092500942&g=eco

このニュースによれば、ソフトバンク向けの支払い履歴や、みずほ銀行の個人口座での取引の実情から個人の信用度を試算し、貸出の可否から、金利までを割り出すという。ALをりようするんだから、勝手にちゃちゃっと貸出審査をしてくれるのかと思いきや、最大で170項目もの質問に答える必要があるようだ。

おそらく、どのように答えるというプロセス自体がその個人の性格を割り出すため使われるのだろう。痴呆症テストや、IQテスト、性格テストなど、たくさんの項目質問にこたえさせ、類似した質問を別々のところでやらせて、同じ傾向の回答をするかどうかで、嘘をついているかどうかも割り出せる。

審査のプロセスが社会的なステータス(学歴や職歴など)よりも、より個人の特質、性格を重視して返済の可能性を判断しようとしているのだろう。誠実で勤勉で、借金を踏み倒さない人にとっては金利が下がる可能性が高いのでとてもありがたい話だ。

こういった性格分析によっての融資の信用調査は、実はアメリカで既に行われているようだ。いわゆるビッグデータを使った信用調査で、シリコンバレーで創業された、「ZestFinance」とう会社がすでに行っている。この会社を立ち上げたのは、元グーグルの創業メンバーのDouglas Merrill で、彼は膨大なデータと、そこなら意味を見出すデーターマイニングが得意だった。ある日、彼は自分の叔母が短期的にお金がたりなくて支払いに困っているが、だれも融資を引き受けてくれない旨を知り、個人向け融資の世界に興味を持ったらしい。詳しくは下記の記事を読んでほしい(ただし英語です)。

Big Data Underwriting for Payday Loans – Bits – The New York Times

https://bits.blogs.nytimes.com/2015/01/19/big-data-underwriting-for-payday-loans/?mcubz=0
2015/01/19 – ZestFinance, a practitioner of big data underwriting, says it can reduce the risk of default on payday loans by 40 percent or more.

ビッグデータを使うことで、画一的な審査基準から、より立体的で実際的な、個人の傾向をわりだし、この傾向によって融資の審査プロセスの精度をより高めるために活用するという。例えば同じ大学を出ていても、浪費家で不誠実な人もいれば、堅実で実直な人もいるだろう。学歴だけではある程度の傾向はつかめても、あまりにも大味すぎるというのだ。例えばツイッターでどのような言語を使ってつぶやいているかなどによっても、個人の性格を割り出すヒントになるようだ。

データが大量に揃うことで、そこから一見すると全く関連ないようなものが、実はある種の傾向や意味合いを持ってくることがあるようなのだ。もちろん、時代のトレンドによって左右される可能性があるので、この意味解釈を常時更新する必要があるが、少なくとも、学歴や職歴だけで審査を行っているより精度があがれば、より多くの人が必要な資金を必要なタイミング、必要な頻度で調達できるようになるというのだ。

例えば株式市場が未発達な社会においては、資金調達が潤滑に行われず、企業がイノベーションを生み出す機会が阻害される可能性が高く、社会にとっと大きなマイナスであるといえる。例えば、住宅ローンの制度が整備されていなかったとしたら、多くの人々のライフプラインに悪い影響を及ぼし、QOL(生活の質)を左右しかねない。それと同様に、個人向けの短期(場合によっては長期になるが)のローンの資金調達の方法が未発達のままでは、個人個人の人生設計に影響を及ぼし兼ねない。多くの人にとって、金利を払ってでもお金を調達し、使うべきタイミングが訪れるだろう。例えば、資格試験の準備や、留学、大切な人とのデートなど。

AIを活用した貸出審査が今後主要なトレンドとなるかどうかはわかないが、実は既存の消費者金融業者は膨大なデータを蓄積してきていると言われている。プロミス、アコム、モビットなど、これらの事業は主要な銀行の大切な収益にもなっていると言われており、ニーズが多くあること、そして、貸出をする業者側も美味しい事業だと認識していることはまちがいない。

既存の消費者金融業者たちは、レンディングのプロセスはいたって簡単であると言われてる。主にチェックする項目は

  • 既に他社から借り入れをしているか?
  • 返済するための定期的な収入があるか

の2つである。どのような雇用形態で仕事をし、どれぐらいの収入を得ているか。また、すでに他社から借金があるかどうか。これは住宅ローンや、車ローンも含まれる。住所を書き込めば、おおよその家賃も想像がつくだろう。

既存のローン会社業者たちは、膨大な過去の貸出事案から、どのような場合に貸し倒れたか、どのような場合に返済が遅れたか、をデータとして分析し、リスクを管理し、銀行から資金を調達し、そことの金利差でどれだけ利益が出せるかを割り出し、融資の実行の有無を決定するのだ。

下記は消費者金融業者が一覧されているサイトである。ここのサイトの情報によれば、どこの貸出業者も金利や、審査プロセスにかかる時間に大差はみられない。

消費者金融おすすめ比較ランキング@初めての借入、即日融資、WEB完結 …

http://消費者金融のおすすめ.com/
大手から中小消費者金融まですべてを徹底比較。最短1時間融資、夕方や土日の即日融資、収入証明不要、内緒で借りる消費者金融など、知っておきたい情報が必ず見つかる!

ではどうやって、消費者は業者選びをおこなっているのだろうか。アコムやプロミスは事業報告書において、その貸出申し込み件数や、実際の審査通過率を発表しているが、季節によって申し込み件数や審査通過率、そして実際の貸出実行件数にばらつきが見られる(審査を通過しても、お金を引き出さないお客もいるようだ)。

個人向けローン業者から融資を受けたがる個人は、多くの場合、スピーディーに資金を必要としている場合が多い。よって、悠長に審査を長引かせると、その潜在的な顧客は他社へと流れてしまうだろう。よって、スピーディーな審査を期待しており、よって、そのニーズを汲み取り、貸出する業者側もネットのみで完結する審査を行っているところが多いようだ。

また、実際に、属性が悪いと思われている個人だが、返済能力があり、融資するに値する個人も居るはずだ。しかし、多くの場合、上記のスピーディーな審査では大鉈を振るわれるがごとく、そのような個人は融資の対象外となる場合が多いようだ。よって、そのような個人は、今回ソフトバンクとみずほ銀行が合弁で設立したAIをつかった審査をおこなうローン会社のような第三極と言えるような融資会社から融資を受けることを期待するしかない。